企業情報
ウチダTOP > 企業情報 > UCHIDAの歩み

UCHIDAの歩み

1934年   大阪市此花区にて内田末吉が内田鉄工所を創立
1964年 株式組織とし内田鉄工株式会社と改称する
1965年 設備拡張の為大東市新田本町に新築移転する
1972年 設備拡張の為増築すると同時にトライアウト用200 プレス設置
1981年 内田末男が代表取締役に就任
1981年 ならいNC付フライス(FSP100新日本機製)設置
1982年 マシニングセンタ(SF50新日本工機製)設置、同時にNCテープ
自動作成機(サムシステム)導入
1983年 CAD/CAMシステム・マシニングセンタ2台導入
1983年 3NNC立中ぐり盤導入
1984年 自動プログラムミング3台設置
製作の合理化をはかる
1985年 300トン 油圧プレス導入
1986年 金型合せ用ダイスポッティング100 、500  プレス導入
1987年 高速ワイヤーカット機導入
1989年 3次元測定器(デジタイニングマシン)導入。製品品質のレベルアップをはかるのと同時に、金型製作のスピード化をはかる。4NNC高速中ぐり盤導入。同時に三次元データ変処理装置(メビウス)設置。
1992年 本社工場増設。㈱ウチダに改称する。
800 トントライプレス、ダイスポッティングを導入
1993年 3次元CAD導入
1995年 高張力鋼板(ハイテンション材)部品を手掛ける
1996年 3次元CAD増設
1996年 高速5面加工機(DC-3ASM)導入
1997年 マシニングセンタ増設
1998年 超ハイテンション材(100㎏級)部品を手掛ける
2001年 仕上げ新工場増設
1600トン ・500トン トライプレス導入
門型5軸加工機(RB-150F)設置
2002年 超ハイテンション材(SPC980)センターピラーの量産金型を世界初実現
  ISO9001取得
2003年 成型シュミレーションソフト(オートフォーム)導入
2005年 非接触式3次元測定器(ATOS)導入
2006年 九州工場竣工
2009年 第一期ウチダビジョン策定
品質方針改定
2010年 内田祥事貿易有限会社 開設
2015年 内田末男が代表取締役会長に就任
内田祥嗣が代表取締役社長に就任

株式会社ウチダ|お問い合わせ

株式会社ウチダ|個人情報方針

株式会社ウチダ|個人情報方針

ウチダ|ページトップへ