金型情報
ウチダTOP > 金型情報 > 生産工程

生産工程

金型製作においてまず大切にしている事は加工段階でのデータの正確です。そこでウチダでは蓄積したノウハウを基に、見込み型状データを作成しています。またデータの自動送信による大規模な無人化工程の実現も、最新のIT技術の導入により、高精度&短時間で金型を加工しています。

金型生産工程

  SE検討工程設定設計加工仕上げ品質確認納品メンテナンス  

①SE検討 プレス製品の図面をもとに、精度の高い金型をシミュレーションします。割れやシワといったプレス不良が発生しないようシュミレーションを繰り返し、部品設計の段階から部品メーカーに協力し、高品質、高精度の金型づくりに取り組んでいます。
SE検討
▲クリックすると大きくなります
②工程設定 製品データをウチダのCADにて展開。製品に使われる鋼材の性質を踏まえ、無駄なく高精度な金型をつくるには、どうすればよいのかを徹底的に検討し、工程図にまとめてメーカーに提出します。
工程設定
▲クリックすると大きくなります
③設計 工程図に基づいて、金型の設計に取りかかります。複雑な曲面を持つ製品のプレスには通常、複数回のプレスが必要となります。プレスする回数分だけ金型の設計も必要となり、設計が終わると加工に必要なデータ作成を行います。
設計
▲クリックすると大きくなります
④加工 金型の設計と並行して資材の発注が行われます。設計されたデータは加工マシンに転送され、自動的に一次加工、二次加工へと進みます。
加工
▲クリックすると大きくなります
⑤仕上げ 機械加工が終わった金型は、ひとつひとつ、さらに精度を高めるためにベテラン技術者たちの手で最終的な微調整が行われます。
仕上げ
▲クリックすると大きくなります
⑥品質確認 仕上がった金型が要求品質どおりの製品をプレスできるかどうか、ウチダのプレス機を使ってテストを行います。問題が見つかれば、加工や仕上げ、場合によっては設計までも繰り返し、最良の金型完成に活かします。
品質確認
▲クリックすると大きくなります
⑦納品 メーカーの製造ラインに取り付け、再度テストを行います。社内での徹底的なテストにより問題点はすべてクリアされているため、ここでは微調整のみ行われます。この時、導入にあたっての技術指導も行います。
納品
▲クリックすると大きくなります
⑧メンテナンス 金型の納品後も、車がラインオフするまでトータルに技術応援を行います。
またモデルチェンジに関わる新しい金型の稼働のたびに、技術者たちは国内外を問わず駆けつけ技術サポートを行います。
メンテナンス
▲クリックすると大きくなります

株式会社ウチダ|お問い合わせ

株式会社ウチダ|個人情報方針

株式会社ウチダ|個人情報方針

ウチダ|ページトップへ